スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

BELS

BELS

 

省エネ機能表示と、聞いたことがありませんか。

ZEHや先日お話を致しました、HEMSなどに興味を持たれる方なら、この単語も必ず出てきます。

以前までは、ZEHの公募要領として条件に特別含まれているものではありませんでしたが、2017年4月より、

第三者認証機関より、住宅を評価することが条件として必須になりました。

 

下の画像に簡単にまとめました。

ご覧ください。

画像ですみません。

餅は餅屋です。

webはweb屋です。

 

 

 

また、つらつらと、横文字の羅列が並びました。

 

  building=ビルディング

  housing=住宅

     Energy=エネルギー

  efficiency=効率

   Labeling =ラベル

     system=システム

 

です。

一次エネルギーを基準とする理由。

省エネルギー社会の実現に向けた性能の指標とするため、新省エネ基準の用いられる基準は

最終的に消費される二次エネルギー量(灯油・ガス・電気)ではなくエネルギー資源の消費を表す一次エネルギー(太陽・石炭・原油)消費量を基準としています。

建築主が評価実施機関に申請し、評価を得たうえでのZEH申請となります。

 

 

 

住宅を建てるためにどんどん複雑化していきますね。

大手ハウスメーカー以外の工務店や設計士も生き残りをかけるために制度に柔軟に対応が急がれます。

 

専門用語の多い業界だからこそ、皆さんの索引に少しでもなれますように。

 

弊社では、住宅に関するご相談を随時受付ております。

土地の購入や、新築住宅のご相談、ご要望に合わせたプランニングを無料にて作成します。

お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

コメント